二重整形は本当に必要?しない方がいい?メリット・デメリットと知っておくべき情報

 


二重整形は、目元の印象を大きく変える人気の美容整形の一つです。しかし、手術にはリスクやデメリットも伴います。本当に二重整形が必要かどうか、後悔しない選択をするために、知っておくべき情報をご紹介します。

二重整形 しない方がいい人

  • すでに魅力的な目元を持っている人
    • 目元は顔全体の印象を大きく左右するパーツですが、二重まぶただけが美しさの基準ではありません。一重まぶたでも、ぱっちりとした大きい目や、涼しげな印象など、それぞれに魅力があります。
  • 目の悩みが二重まぶただけではない人
    • 目元の悩みがクマやたるみ、小じわが気になる場合は、二重整形よりも他の施術の方が効果的な場合があります。
  • 美容整形自体に抵抗がある人
    • 二重整形は、一生涯残る施術です。手術のリスクや、周囲の反応など、様々な不安を抱えている場合は、無理に行う必要はありません。

二重整形 しない方がいい知恵袋

知恵袋には、二重整形に関する様々な質問が寄せられています。

  • 「二重整形をしたけど後悔しています。元に戻したいのですが、どうすればいいですか?」
  • 「二重整形は痛いですか?腫れはどのくらい続きますか?」
  • 「二重整形はバレますか?」

これらの質問からも、二重整形には様々なリスクやデメリットがあることが分かります。

整形 どれくらい変わる

二重整形によって、目元の印象は大きく変わります。しかし、必ずしも理想通りの二重まぶたになるわけではありません。

  • 二重の幅や形
  • 左右のバランス
  • ダウンタイム
  • 術後の経過

など、様々な要素によって、仕上がりは左右されます。

なぜ二重になるのか

二重まぶたは、まぶたの裏側にある眼瞼挙筋腱膜と皮膚の間に脂肪組織が少ないために形成されます。一重まぶたは、脂肪組織が多いことが原因で二重まぶたになりにくいのです。

整形 誰にも言わない

二重整形は、周囲にバレやすい施術です。腫れや内出血などのダウンタイムがあるだけでなく、二重のラインが不自然に見える場合もあります。

どうしても誰にも知られずに二重整形を受けたい場合は、埋没法よりも切開法の方がバレにくいと言われています。

誰でも二重になる方法

二重まぶたになる方法は、いくつかあります。

  • 二重まぶた化粧
  • まつ毛パーマ
  • 二重まぶたテープ
  • 埋没法
  • 切開法

それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。自分に合った方法を選ぶことが大切です。

プチ整形 二重 どれくらいもつ

プチ整形と呼ばれる埋没法は、糸でまぶたを留めることで二重まぶたを作る施術です。効果は数ヶ月から数年程度持続します。

切開法は、メスでまぶたを切開して二重まぶたを作る施術です。効果は半永久的に持続します。

まとめ

二重整形は、目元の印象を大きく変える効果的な美容整形です。しかし、手術にはリスクやデメリットも伴います。本当に二重整形が必要かどうか、後悔しない選択をするために、十分な情報収集と検討が必要です。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、