小児科と耳鼻科、どっちにかかるべき?子どもの症状別、はしご受診の判断基準と注意点

 


お子さんが体調を崩した時、小児科と耳鼻科、どちらを受診すればいいのか迷うことがありませんか?

実は、子どもの病気は耳鼻科領域と小児科領域が密接に関係していることが多く、状況によっては**「はしご受診」**が必要になる場合もあります。

この記事では、小児科と耳鼻科のはしご受診について、以下のポイントを詳しく解説します。

小児科と耳鼻科、どっちにかかるべき?

お子さんが風邪をひいた時、鼻水、咳、痰などの症状が出た場合は、まずは小児科を受診するのが一般的です。

小児科では、全身の状態を診て、風邪以外の病気の可能性も排除することができます。 また、必要に応じて耳鼻科などの専門科を受診するよう紹介してくれることもあります。

一方、以下のような症状の場合は、最初から耳鼻科を受診することをおすすめします。

  • 中耳炎:耳の痛み、耳だれ、発熱などの症状がある
  • 鼻炎:鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状がひどい
  • 喉の痛み:喉の痛み、声枯れ、咳などの症状がある
  • 突発性難聴:突然片方の耳が聞こえなくなる
  • めまい:めまい、ふらつきなどの症状がある

小児科はしごがバレる?

小児科を受診後に耳鼻科を受診する場合、小児科の先生から耳鼻科を受診するよう指示されることが多いため、基本的にバレることはありません

むしろ、小児科の先生から紹介状をもらうことで、スムーズに耳鼻科を受診することができます。

はしご受診の判断基準

以下のような場合は、はしご受診を検討しましょう。

  • 症状が長引いたり、悪化したりしている
  • 複数の症状が出ている
  • 原因が特定できない
  • 小児科の先生から耳鼻科を受診するよう指示された

はしご受診の注意点

はしご受診をする場合は、以下の点に注意しましょう。

  • それぞれの医療機関の診療時間や休診日を事前に確認しておく
  • 小児科で受診した際に、耳鼻科を受診することを伝えておく
  • 小児科で発行された紹介状を持参する
  • それぞれの医療機関で受診した内容を記録しておく

内科と耳鼻科のはしご受診

内科と耳鼻科も、密接に関係していることがあります。 例えば、副鼻腔炎は、内科と耳鼻科どちらの領域にも属する病気です。

このような場合は、どちらの科から受診を始めても問題ありません

耳垂れ:小児科と耳鼻科、どっちを受診するべき?

耳垂れは、中耳炎や外耳炎など、耳鼻科領域の病気であることが多いですが、まれに小児科領域の病気であることもあります。

そのため、まずは耳鼻科を受診し、必要に応じて小児科を紹介してもらうのがおすすめです。

子どもが風邪で発熱している場合:小児科と耳鼻科、どちらを受診するべき?

子どもが風邪で発熱している場合は、まずは小児科を受診しましょう。

小児科では、全身の状態を診て、風邪以外の病気の可能性も排除することができます。

また、必要に応じて耳鼻科などの専門科を受診するよう紹介してくれることもあります。

まとめ

小児科と耳鼻科は、子どもの病気において密接に関係している科です。

どちらを受診すればいいのか迷った場合は、小児科を受診するのが一般的です。

また、症状によっては、はしご受診が必要になることもあります。

はしご受診をする場合は、事前に医療機関の診療時間や休診日を確認しましょう。

Popular posts from this blog

シャチハタ キャップレス外し方:種類別 着脱方法完全ガイド

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、電話番号、オペレーターに繋がらない、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!(プラスチック、ハイター、知恵袋、時間が経った墨汁、ウタマロクリーナー、セスキ、マジックリン、オキシクリーン、