共通点探しゲームで盛り上がろう!アイスブレイク、研修、英語学習にも役立つ、アイデア満載の遊び方

 


「共通点探しゲーム」は、2人1組で行うシンプルなゲームですが、コミュニケーション力チームワークを育む効果が抜群です。

アイスブレイクとして緊張をほぐしたり、研修でグループワークを活性化したり、英語学習のウォーミングアップとして使ったりと、様々な場面で活用できます。

この記事では、共通点探しゲームの基本的なルールから、ネタ質問例ワークシートの活用法まで、アイデア満載で紹介します。

1. 共通点探しゲームってどんなゲーム?

共通点探しゲームは、2人1組で互いの共通点を見つけていくゲームです。制限時間内にできるだけ多くの共通点を見つけられたペアが勝ちとなります。

具体的なルールは、以下の通りです。

  1. 2人1組になり、それぞれ自己紹介をする。
  2. 自己紹介を聞きながら、相手と自分の共通点を見つける。
  3. 共通点を見つけたら、相手に「私も!」と伝える。
  4. 共通点が10個見つかったら、終了。
  5. 制限時間内に、より多くの共通点を見つけたペアが勝ち。

2. 共通点探しゲームでアイスブレイク

共通点探しゲームは、アイスブレイクとして非常に効果的なゲームです。

初対面の人同士でも、すぐに打ち解けることができます。

ゲームを通して、互いの共通点を見つけることで、親近感が湧き、会話が弾みやすくなります

また、ゲームの性質上、自然と笑顔が溢れ、場が和やかになります。

緊張をほぐし、リラックスした雰囲気を作りたい場面にぴったりです。

3. 共通点探しゲームで研修を活性化

共通点探しゲームは、研修でも効果的に活用できます。

グループワークのウォーミングアップとして取り入れることで、メンバー間のコミュニケーションを活性化することができます。

ゲームを通して、互いをよく知ることで、協調性チームワークが向上します。

また、問題解決能力や創造性を高める効果も期待できます。

研修の目的に合わせて、共通点のテーマを設定するのも良いでしょう。

例えば、**「仕事に関する共通点」「趣味に関する共通点」**など、テーマを絞ることで、より深い議論を促すことができます。

4. 共通点探しゲームで英語学習を楽しく

共通点探しゲームは、英語学習にも取り入れることができます。

英語で自己紹介をしたり、共通点を見つけたりすることで、自然な英語表現を学ぶことができます。

また、ゲームを通して、英語でのコミュニケーションに慣れることができます。

英語学習のウォーミングアップとして、また、スピーキング練習として活用するのも良いでしょう。

レベルに合わせた単語やフレーズを用意しておくと、より効果的に学習することができます。

5. 共通点探しゲームをもっと楽しく!

共通点探しゲームをもっと楽しくするには、ワークシートを活用するのも良いでしょう。

ワークシートには、共通点を見つけるためのヒント質問例などが記載されています。

これらを参考に、自由な発想で共通点を見つけていきましょう。

また、ビンゴ形式にして遊ぶのもおすすめです。

共通点を見つけるたびに、マスにチェックを入れていき、先にビンゴになったペアが勝ちとなります。

競争要素を取り入れることで、より盛り上がること間違いなしです。

6. 共通点探しゲームのネタ

共通点探しゲームを成功させるためには、ネタが重要です。

以下に、いくつかネタを紹介します。

  • 出身地
  • 趣味
  • 家族構成
  • 好きな食べ物
  • 嫌いな食べ物
  • 休日の過ごし方
  • 学生時代の思い出
  • 旅行の思い出
  • 最近のマイブーム
  • 将来の夢

これらのネタを参考に、オリジナルのネタを考えてみるのも良いでしょう。

7. 共通点探しゲームの質問例

質問例
  • 学生時代はどんな部活に入っていましたか?
  • 最近見た映画で面白かったのは何ですか?
  • 休みの日に一人で過ごすのが好きですか?それとも誰かと過ごすのが好きですか?
  • 旅行に行くなら、海派ですか?山派ですか?
  • 犬派ですか?猫派ですか?
  • もし宝くじに当たったら、何に使いますか?
  • 無人島に一つだけ持っていけるものがあるとしたら、何ですか?
  • もし動物だったら、何になりたいですか?
  • タイムマシンがあったら、過去と未来どちらに行きたいですか?
  • もしスーパーパワーを持てたら、何の力を使いたいですか?

質問のコツ

  • 相手の答えに興味を持っていることを示しましょう。
  • 質問はオープンエンドなものにしましょう。
  • 自分自身も積極的に質問に答えましょう。
  • 相手の答えを聞いて、さらに質問を掘り下げましょう。

見出し8:共通点探しゲーム 子ども向けルール

共通点探しゲームは、子どもにとっても楽しいゲームです。

子ども向けには、以下の点に注意してルールをアレンジしましょう。

  • 制限時間を短くする
  • ヒントを用意する
  • 絵カードを使う
  • テーマを決める
  • チーム戦にする

例:動物好きな子ども向け

  1. 動物の絵カードをたくさん用意する。
  2. 子どもたちは2人1組になり、それぞれ5枚ずつ絵カードを選ぶ。
  3. 制限時間内に、お互いの絵カードと自分の絵カードの共通点を見つける。
  4. 共通点を見つけたペアは、絵カードを1枚ずつ交換する。
  5. 制限時間終了時に、より多くの共通点を見つけたペアが勝ち。

見出し9:共通点探しゲーム ルール

基本的なルール

  1. 2人1組になり、それぞれ自己紹介をする。
  2. 自己紹介を聞きながら、相手と自分の共通点を見つける。
  3. 共通点を見つけたら、相手に「私も!」と伝える。
  4. 共通点が10個見つかったら、終了。
  5. 制限時間内に、より多くの共通点を見つけたペアが勝ち。

アレンジルール

  • テーマを決める:仕事、趣味、旅行など、テーマを決めて共通点を探す。
  • 制限時間を短くする:子ども向けや時間がない場合などに有効。
  • ヒントを用意する:子ども向けや、なかなか共通点が見つからない場合などに有効。
  • チーム戦にする:大人数で遊ぶ場合などに有効。
  • ワークシートを使う:共通点を見つけるためのヒントや質問が書かれている。
  • ビンゴ形式にする:共通点を見つけるたびにマスにチェックを入れていく。

共通点探しゲームは、様々な場面で活用できる、とても奥深いゲームです。

今回紹介したアイデアを参考に、ぜひ自分なりのアレンジを加えて、共通点探しゲームを楽しんでください。

Popular posts from this blog

シャチハタ キャップレス外し方:種類別 着脱方法完全ガイド

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、電話番号、オペレーターに繋がらない、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!(プラスチック、ハイター、知恵袋、時間が経った墨汁、ウタマロクリーナー、セスキ、マジックリン、オキシクリーン、