脂肪吸引のしくみと種類、気になるダウンタイムや仕事復帰まで徹底解説!

 


脂肪吸引は、体にメスを入れずに余分な脂肪を吸引し、体型の改善を図る美容医療です。近年では、技術の進歩により安全性の高い施術が提供されており、多くの人が憧れる施術の一つとなっています。

しかし、脂肪吸引医療行為であり、リスクも伴います。施術を受ける前に、しくみ種類ダウンタイム仕事復帰などについてしっかりと理解しておくことが大切です。

脂肪吸引のしくみ

脂肪吸引は、以下の3つのステップで脂肪細胞を除去します。

  1. 麻酔:局所麻酔または全身麻酔を施します。
  2. 脂肪吸引:カニューレと呼ばれる細い管を挿入し、脂肪細胞を吸引します。
  3. 圧迫:吸引部位を圧迫し、腫れや内出血を抑えます。

脂肪吸引には、シリンジ法ベイザー法VASER法など、様々な種類があります。シリンジ法は、昔から行われている伝統的な方法で、カニューレを使って物理的に脂肪細胞を吸引します。ベイザー法VASER法は、超音波や高周波エネルギーを使って脂肪細胞を乳化してから吸引するため、周辺組織へのダメージが少なく、ダウンタイムも短縮できます。

脂肪吸引の種類

脂肪吸引には、部位によって様々な種類があります。

  • お腹:下腹部、ウエスト、 پهلو
  • 二の腕:上腕三頭筋、二の腕内側
  • 太もも:太ももの前面、太ももの内側、太ももの後面
  • ふくらはぎ
  • 背中:背中の上部、背中の下部
  • :あご、頬、目の下

施術を受ける前に、医師と相談し、自分に合った部位を選ぶことが大切です。

脂肪吸引後の経過

脂肪吸引後は、腫れ内出血痛みなどのダウンタイムがあります。ダウンタイムは、施術部位体質によって異なりますが、一般的には1~2週間程度です。仕事復帰は、ダウンタイムが落ち着いてから3~4日後が目安です。

ダウンタイムを短縮するためには、圧迫をしっかり行うことが大切です。圧迫は、コルセット弾性ストッキングなどを着用することで行います。

脂肪吸引のリスク

脂肪吸引は、医療行為であり、リスクも伴います。主なリスクは以下の通りです。

  • 腫れ
  • 内出血
  • 痛み
  • 皮膚のたるみ
  • 凹凸
  • 感染症
  • 麻酔による副作用

リスクを回避するためには、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。クリニックを選ぶ際には、医師の経験実績設備などを確認しましょう。

まとめ

脂肪吸引は、体型の改善に効果的な美容医療です。しかし、医療行為であり、リスクも伴います。施術を受ける前に、しくみ種類ダウンタイムリスクなどをしっかりと理解し、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

Popular posts from this blog

シャチハタ キャップレス外し方:種類別 着脱方法完全ガイド

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、電話番号、オペレーターに繋がらない、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!(プラスチック、ハイター、知恵袋、時間が経った墨汁、ウタマロクリーナー、セスキ、マジックリン、オキシクリーン、