債務整理したらどうなる?借金問題を解決!手続きの種類、影響、相談先まで徹底解説

 


借金返済が困難になり、生活に支障が出ている場合は、債務整理という選択肢があります。債務整理とは、裁判所や弁護士などの専門機関を通して、借金の減額や免除を行う手続きのことです。

債務整理をした人

債務整理には、任意整理、個人再生、民事再生、自己破産の4種類があります。それぞれの方法によって、借金の減額率や返済方法、そして将来への影響が異なります。

債務整理後 5年

債務整理をした後は、信用情報機関に事故情報として登録されます。この事故情報は、5年から7年間程度残り、新しいローンやクレジットカードの審査に影響が出ます。

債務整理 4つ

1. 任意整理

任意整理は、弁護士が代理人となって、債権者と直接交渉し、借金の減額を行う手続きです。裁判所を介さずに手続きできるため、比較的早く解決することができます。

2. 個人再生

個人再生は、裁判所に申し立てを行い、借金の減額や分割払いの猶予を受ける手続きです。任意整理よりも大幅な借金の減額が可能ですが、裁判所での手続きが必要となります。

3. 民事再生

民事再生は、企業が債務整理を行う手続きです。個人再生と同様に、裁判所に申し立てを行い、借金の減額や分割払いの猶予を受けます。

4. 自己破産

自己破産は、裁判所に申し立てを行い、すべての借金を免除してもらう手続きです。借金の返済が全く不可能な場合にのみ選択できます。

債務整理後 5年

債務整理をした後は、5年から7年間程度、信用情報機関に事故情報として登録されます。この事故情報は、新しいローンやクレジットカードの審査に影響が出ます。

債務整理 7年

一般的に、事故情報は5年から7年間で消えます。ただし、自己破産の場合は、10年間登録されるケースもあります。

債務整理したらブラックリスト

債務整理をした後は、信用情報機関に事故情報として登録されるため、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態となります。しかし、事故情報は5年から7年間で消えますので、焦らず計画的に返済を進めれば、将来的には新しいローンやクレジットカードを利用できるようになります。

債務整理したら車はどうなる

債務整理の種類や状況によって、車の処分が必要になる場合があります。詳しくは、弁護士に相談することをおすすめします。

債務整理 どこに相談

債務整理を検討している場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが大切です。

債務整理 いつ消える

事故情報は、債務整理の種類によって消えるまでの期間が異なります。

  • 任意整理・個人再生:5年から7年
  • 自己破産:10年

まとめ

このブログ記事では債務整理したらどうなるのか紹介しましたが、債務整理は、借金問題を解決するための有効な手段ですが、将来への影響も考慮する必要があります、自分に合った方法を選択するためには、弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、