埋没抜糸、私はしてよかった! 経験談とメリット・デメリット徹底解説

 


二重埋没手術は、手軽に二重まぶたを作れる人気の施術ですが、数年経つと糸が緩んだり、食い込んだりして、修正が必要になる場合があります。

そんな時に悩むのが、抜糸するかしないかです。

今回は、埋没抜糸のメリット・デメリットと、私の経験談をご紹介します。

抜糸しない方がいい場合も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

埋没抜糸 しない 方がいい

以下のような場合は、抜糸せずに経過観察を続ける方が良い場合があります。

  • 糸の違和感や痛みがない
  • 二重のラインが自然
  • 修正したい箇所が小さい

また、抜糸は再手術となるため、傷跡や腫れ、ダウンタイムなどのリスクもあります。

抜糸が必要かどうかは、クリニックの医師に相談することをおすすめします。

埋没 抜糸して よかった

私は、5年前に埋没二重手術を受けました。その後、3年ほど経過した頃から、まぶたの腫れや違和感を感じるようになりました。

クリニックを受診したところ、糸が食い込んでいることが判明し、抜糸が必要とのことでした。

最初は抜糸することに抵抗がありましたが、思い切って抜糸したところ、以下のメリットを実感しました。

  • まぶたの腫れや違和感がなくなった
  • 二重のラインがより自然になった
  • 以前に比べて目が大きく開くようになった

抜糸後は、ダウンタイムがありましたが、1週間ほどで日常生活に支障はありませんでした。

抜糸をすることで、まぶたの悩みが解消され、以前よりも快適に過ごせるようになりました。

埋没 抜糸して よかった 知恵袋

埋没抜糸について、知恵袋などでは、以下のような意見が見られます。

  • 抜糸してよかったという意見
    • 糸の違和感や痛みがあったのがなくなった
    • 二重のラインがより自然になった
    • 目が大きく開くようになった
  • 抜糸して後悔したという意見
    • 二重のラインが元に戻ってしまった
    • 抜糸後の腫れや痛みがひどかった
    • 抜糸跡が残ってしまった

抜糸は、個人差があるため、メリット・デメリットをよく理解した上で検討することが大切です。

埋没 抜糸 しない と どうなる

抜糸しないと、以下の問題が起こる可能性があります。

  • まぶたの腫れや違和感
  • 二重のラインの乱れ
  • まぶたのたるみ
  • 眼瞼下垂

これらの症状は、日常生活に支障をきたすこともあります。

気になる症状がある場合は、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

抜糸 どれくらい

抜糸にかかる時間は、約15〜30分です。

麻酔を使用するため、痛みはありません。

抜糸 埋没 ダウンタイム

抜糸後のダウンタイムは、個人差がありますが、1週間ほどです。

腫れや痛みがある場合は、冷やしたり、痛み止めを服用したりすると良いでしょう。

メイクは、抜糸後2〜3日から可能になります。

抜糸 埋没 同時

埋没抜糸同時に行うことも可能です。

再手術となるため、傷跡や腫れ、ダウンタイムなどのリスクは高くなりますが、一度の手術で二重まぶたの修正が完了するため、時間や費用を節約できます。

抜糸同時に行うかどうかは、クリニックの医師に相談することをおすすめします。

埋没 抜糸 翌日

抜糸翌日は、腫れや痛みがあるため、安静にすることが大切です。

激しい運動飲酒は控えましょう。

メイクは、抜糸後2〜3日から可能になります。

気になる症状がある場合は、クリニックに連絡してください。

まとめ

埋没抜糸は、メリット・デメリットがあります。

抜糸を検討している方は、クリニックの医師に相談し、自分の症状に合っているかどうかを判断することが大切です。

抜糸は、再手術となるため、慎重に検討することをおすすめします。

Popular posts from this blog

シャチハタ キャップレス外し方:種類別 着脱方法完全ガイド

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、電話番号、オペレーターに繋がらない、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!(プラスチック、ハイター、知恵袋、時間が経った墨汁、ウタマロクリーナー、セスキ、マジックリン、オキシクリーン、