電気工事士ってどんな人?頭おかしい?仕事内容から年収、将来性まで徹底解説

 


電気工事士は、建物の電気設備の施工・保守・点検を行う専門職です。私たちの生活に欠かせない電気インフラを支える重要な役割を担っています。

しかし、「電気工事士ってどんな仕事?」「電気工事士は頭が良いの?」「頭おかしい?」「電気工事士は勝ち組なの?」など、実際の仕事内容や将来性について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

このブログ記事では、電気工事士の仕事内容、忙しい時期、年収、将来性、そして電気工事士を目指すための方法について詳しく解説します。

電気工事士 どんな仕事

電気工事士は、主に以下の仕事を行います。

  • 新築建物の電気設備工事: 新築建物の電気配線、コンセントやスイッチの取り付け、分電盤の設置などを行います。
  • 既存建物の電気設備改修工事: 既存建物の電気設備を、現代の生活様式や安全基準に合わせて改修します。
  • 電気設備の保守・点検: 電気設備が正常に動作していることを確認し、必要に応じて修理や調整を行います。
  • 高圧設備の工事: 工場や発電所などの高圧設備の施工・保守・点検を行います。

電気工事士は、これらの仕事を安全かつ効率的に行うために、電気に関する専門知識と技術が必要です。

電気工事士 忙しい時期

電気工事士は、一般的に3月から5月と9月から11月が忙しい時期と言われています。これは、新築やリフォームの工事が集中する時期だからです。

また、災害発生後も電気設備の復旧作業に駆り出されることが多いため、繁忙期はさらに長くなる可能性があります。

電気工事士 頭良い

電気工事士は、電気に関する専門知識と技術を必要とするため、ある程度の知性と理解力は必要です。

しかし、頭の良さだけが求められるわけではなく、手先の器用さや協調性、体力なども重要な要素となります。

電気工事士 勝ち 組

電気工事士は、国家資格を持つ専門職であり、安定した収入を得ることができます。また、近年では、電気自動車や太陽光発電などの普及により、電気工事士の需要が高まっており、将来性も高い職業と言えます。

しかし、電気工事士は肉体労働も多く、体力的に厳しい仕事であるという一面もあります。

電気工事士のお父さん

電気工事士は、比較的体力的にハードな仕事であるため、年齢とともに体力的に厳しくなる場合があります。そのため、60歳を超えても現役で働いている電気工事士は比較的少ないと言えます。

近年では、高齢化による人材不足が問題となっており、高齢の電気工事士も積極的に活躍できる環境作りが進められています。

電気工事士 70歳

電気工事士は、国家資格であり、年齢制限はありません。そのため、70歳を超えても働いている電気工事士は少数ながら存在します。

ただし、体力的に厳しい仕事であるため、70歳を超えても現役で働いている電気工事士は、豊富な経験と知識を持つベテランが多いです。

まとめ

電気工事士は、私たちの生活に欠かせない電気インフラを支える重要な役割を担う専門職です。電気に関する専門知識と技術を必要とする仕事ですが、安定した収入と将来性も期待できます。

電気工事士を目指すには、電気に関する専門知識を学ぶ必要があります。電気系の高校や大学に通ったり、電気工事士養成学校に通ったりして、必要な知識と技術を身につけることができます。

電気工事士は、やりがいのある仕事であり、社会貢献度の高い職業です。電気に関心がある方は、ぜひ電気工事士という道も検討してみてはいかがでしょうか。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、