引っ越しで不要な家具・家電を賢く処分! おすすめの方法と費用相場

 


引っ越しに伴う家具や家電の処分は、多くの場合、頭痛の種ですよね。新しい住まいに持っていけない大型家具や、壊れてしまった家電など、どうすれば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、引っ越しで不要になった家具や家電を賢く処分する方法と、それぞれの費用相場について詳しくご紹介します。

引っ越し 大型 家具 処分

引っ越しで処分したい大型家具には、ソファ、ベッド、タンス、冷蔵庫、洗濯機などがあります。これらの家具は、自治体の粗大ゴミ回収や、不用品回収業者に依頼して処分することができます。

自治体の粗大ゴミ回収

自治体の粗大ゴミ回収は、最も費用を抑えられる方法です。ただし、回収できる家具のサイズや種類に制限がある場合が多いので、事前に確認が必要です。また、粗大ゴミ処理券を購入する必要があるなど、手続きも煩雑です。

費用相場: 1点あたり数百円~数千円

不用品回収業者

不用品回収業者は、自治体の粗大ゴミ回収では回収できない家具や、大量の家具をまとめて処分したい場合に便利です。スタッフが自宅まで家具を引き取りに来てくれるので、手間がかかりません。ただし、業者によって料金体系が異なるので、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

費用相場: 1点あたり数千円~数万円

引越し 家電 処分 アート

引っ越しで処分したい家電には、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなどがあります。これらの家電は、家電リサイクル法に基づいて処分する必要があります。

家電リサイクル法

家電リサイクル法対象家電を処分する場合は、家電量販店やリサイクルショップに持ち込むか、メーカーに直接依頼する必要があります。持ち込む場合は、リサイクル料金を支払う必要があります。

費用相場: 冷蔵庫: 約1万円~2万円、洗濯機: 約5千円~1万円、テレビ: 約3千円~5千円、エアコン: 約2万円~3万円

不用品回収業者

家電リサイクル法対象家電以外にも、パソコンや掃除機などの小型家電を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼することができます。

費用相場: 1点あたり数千円~数万円

引っ越し 家具 処分 アリさん

アリさんマークの引越社は、引っ越しと同時に不用品回収も行っている業者です。引っ越し当日に不用品を引き取ってもらえるので、非常に便利です。ただし、他の業者と比べて料金が高めになる場合があります。

費用相場: 引っ越し料金に含む

引っ越し 家具 処分 サカイ

サカイ引越センターも、引っ越しと同時に不用品回収を行っている業者です。アリさんマークの引越社と比べて料金は安めですが、回収できる不用品の量や種類に制限がある場合があります。

費用相場: 引っ越し料金に含む

引っ越し 家具を捨てる

引っ越しで不要になった家具を捨てる場合は、以下の点に注意する必要があります。

  • 自治体の粗大ゴミ回収のルールを確認する: 回収できる家具のサイズや種類、手続き方法などを確認しましょう。
  • 不用品回収業者に依頼する場合は、複数の業者から見積もりを取る: 料金やサービス内容を比較検討しましょう。
  • 高価な家具は買取業者に査定してもらう: 思わぬ高値で買い取ってもらえる可能性があります。

引っ越し 家具 処分方法

引っ越しで不要になった家具を処分するには、以下の方法があります。

  • 自治体の粗大ゴミ回収を利用する: 最も費用を抑えられる方法ですが、制限があります。
  • 不用品回収業者に依頼する: 手間がかからず、大量の家具をまとめて処分できます。
  • リサイクルショップに持ち込む: 高価な家具は買取してもらえる可能性があります。
  • フリマアプリやオークションサイトで売る: 自分である程度の手間をかけることで、収入を得ることができます。

引っ越し 家財道具 処分

引っ越しで処分したい家財道具には、家具や家電以外にも、衣類、書籍、食器などがあります。これらの家財道具は、不用品回収業者に依頼するか、リサイクルショップに持ち込むことができます。

不用品回収業者:

  • 料金は家具や家電の量や種類によって異なります。
  • 引っ越し当日に不用品を引き取ってもらえる業者もあります。

リサイクルショップ:

  • 家具や家電によっては、買取してもらえる可能性があります。
  • 持ち込みが必要になる場合があります。

ドレッサー 引っ越し

引っ越しでドレッサーを処分する

引っ越しでドレッサーを処分する方法はいくつかあります。

  • 自治体の粗大ゴミ回収を利用する: 自治体によっては、粗大ゴミ回収でドレッサーを回収してくれる場合があります。ただし、サイズや重量の制限がある場合が多いので、事前に確認が必要です。
  • 不用品回収業者に依頼する: 不用品回収業者に依頼すれば、自宅までドレッサーを引き取りに来てくれます。ただし、業者によって料金が異なるので、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
  • リサイクルショップに持ち込む: リサイクルショップによっては、ドレッサーを買い取ってもらえる場合があります。ただし、状態や人気度によって買取価格が大きく異なるので、事前に査定してもらうことをおすすめします。
  • フリマアプリやオークションサイトで売る: フリマアプリやオークションサイトで売れば、お金を得ることができます。ただし、梱包や発送の手間がかかります。

引っ越しでドレッサーを持ち運ぶ

引っ越しでドレッサーを持ち運ぶ場合は、以下の点に注意する必要があります。

  • ドレッサーのサイズと重量を測る: 事前にドレッサーのサイズと重量を測っておくと、搬入・搬出経路や必要な人員を把握しやすくなります。
  • 搬入・搬出経路を確認する: ドレッサーを搬入・搬出する経路を確認しておきましょう。特に、階段や狭い通路がある場合は、注意が必要です。
  • 養生をする: ドレッサーを傷つけないように、養生しておきましょう。
  • 専門業者に依頼する: ドレッサーが大きくて重い場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

ドレッサーを処分・搬送する際の注意点

  • ドレッサーは鏡やガラスなどの壊れやすい部品があるため、取り扱いに注意が必要です。
  • ドレッサーは重量があるので、一人で運ぼうとせず、複数人で運ぶようにしましょう。
  • ドレッサーを処分する場合は、個人情報が入っている部分 (引き出しの中など) を取り除いておきましょう。

まとめ

引っ越しでドレッサーを処分・搬送する方法はいくつかあります。自分に合った方法を選択しましょう。


このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、