裏側矯正:おすすめしない?表側矯正との比較で徹底解説!メリット・デメリット、症例、矯正期間まで大公開!

 


歯並びが気になるあなた。矯正を検討していますか?

矯正には、表側矯正裏側矯正の2種類があります。

裏側矯正は、目立たないというメリットがありますが、デメリットも多くあります。

表側矯正との違いおすすめしない症例矯正期間まで、裏側矯正について徹底解説します。

裏側矯正を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

裏側矯正 表側矯正 値段

裏側矯正は、表側矯正よりも高価です。

歯医者矯正装置の種類によって異なりますが、表側矯正1.5倍から2倍程度の費用がかかります。

裏側矯正は、装置歯の裏側に装着するため、精密技術が必要となります。

また、表側矯正よりも調整時間がかかるため、費用が高くなります。

裏側矯正 奥歯 噛み合わない

裏側矯正は、奥歯噛み合わせ調整難しいというデメリットがあります。

表側矯正は、装置歯の表面に装着するため、直接 動かすことができます。

しかし、裏側矯正は、装置歯の裏側に装着するため、直接 動かすことが難しく奥歯噛み合わせ調整時間がかかることがあります。

裏側 矯正 デメリット

裏側矯正には、以下のようなデメリットがあります。

  • 費用が高い
  • 奥歯の噛み合わせの調整が難しい
  • 喋りにくい
  • 装置が壊れやすい
  • 歯磨きが難しい
  • 痛みを感じる
  • 後戻りしやすい

裏側矯正は、目立たないというメリットがありますが、デメリットも多いことを理解した上で検討**する必要があります。

裏側矯正 表側矯正 仕上がり

裏側矯正表側矯正仕上がりは、ほとんど 変わりません

どちら矯正方法を選んだとしても、歯並び美しくなります。

しかし、裏側矯正は、奥歯噛み合わせ調整難しいというデメリットがあるため、噛み合わせこだわりがある場合は、表側矯正の方が良いかもしれません。

裏側 矯正 できない 症例

裏側矯正は、すべての 症例適しているわけではありません。

以下のような症例は、裏側矯正向いていない場合があります。

  • 重度の 出っ歯受け口
  • 歯周病
  • 虫歯が多い
  • 顎関節症
  • 歯の根が短い

裏側矯正を検討している場合は、歯科医師相談し、自分の 症例適しているかどうかを確認する必要があります。

裏側矯正 表側矯正 どっち

裏側矯正表側矯正どちらを選ぶべきかは、個人の ニーズ予算によって異なります。

目立たない 矯正希望する場合は、裏側矯正良いでしょう。

しかし、費用を抑えたい場合は、表側矯正の方が良いかもしれません。

どちら矯正方法を選ぶにしても、歯科医師相談し、自分に 最適矯正方法を選ぶことが大切です。

裏側矯正 おすすめ

裏側矯正:おすすめできない?表側矯正との比較で徹底解説!メリット・デメリット、症例、矯正期間まで大公開!

歯並びが気になるあなた。矯正を検討していますか?

矯正には、表側矯正裏側矯正の2種類があります。

裏側矯正は、目立たないというメリットがありますが、デメリットも多くあります。

表側矯正との違いおすすめできない症例矯正期間まで、裏側矯正について徹底解説します。

裏側矯正を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

裏側矯正 表側矯正 どっち

裏側矯正表側矯正どちらを選ぶべきかは、個人の ニーズ予算によって異なります。

目立たない 矯正希望する場合は、裏側矯正良いでしょう。

しかし、費用を抑えたい場合は、表側矯正の方が良いかもしれません。

以下は、裏側矯正表側矯正比較したです。

項目裏側矯正表側矯正
目立たなさ目立たない目立つ
費用高い安い
痛み少ない多い
喋りにくさ喋りにくい喋りやすい
歯磨きやすさ歯磨きにくい歯磨きやすい
矯正期間長い短い
後戻りしやすさ後戻りしやすい後戻りしにくい

どちら矯正方法を選ぶにしても、歯科医師相談し、自分に 最適矯正方法を選ぶことが大切です。

裏側矯正 おすすめ

裏側矯正は、以下のような方におすすめです。

  • 目立たない 矯正希望する方
  • 仕事う**ことが多い方
  • 写真を撮るのが好きな方
  • 歯磨き苦手な方

裏側矯正は、目立たないというメリットがありますが、デメリットも多いことを理解した上で検討**する必要があります。

デメリット理解した上で、それでも 裏側矯正希望する場合は、歯科医師相談し、自分に 適しているかどうかを確認する必要があります。

裏側矯正 何年

裏側矯正矯正期間は、個人歯並び噛み合わせによって異なりますが、一般的には 1年半から2年程度です。

表側矯正よりも長くかかるのは、裏側矯正装置歯の裏側に装着するため、調整時間がかかる**ためです。

矯正期間は、あくまでも 目安です。

正確な 矯正期間は、歯科医師相談する必要があります。

まとめ

裏側矯正は、目立たないというメリットがありますが、デメリットも多くあります。

表側矯正との違いおすすめできない症例矯正期間などを理解した上で、自分に 最適矯正方法を選ぶことが大切です。

裏側矯正を検討している方は、歯科医師相談し、十分検討してから決断することをおすすめします。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、