接触事故:相手が逃走してしまった場合の対処法を徹底解説!

 


交通事故を起こしてしまった場合、相手が逃走してしまうケースも稀に発生します。このような場合、適切な対処を行わなければ、自身の権利を守ることはできません。

そこで今回は、接触事故で相手が逃走してしまった場合対処法について詳しく解説していきます。

接触事故 相手が行ってしまった 後日

接触事故で相手が逃走してしまった場合、できるだけ早く警察に通報することが重要です。

警察に通報する際には、以下の情報を伝えましょう。

  • 事故発生日時
  • 事故発生場所
  • 事故状況
  • 相手の車両情報(車種、ナンバーなど)
  • 目撃者の情報(いる場合は)

また、事故現場の写真ドライブレコーダーの映像があれば、合わせて提出しましょう。

接触事故 相手が行ってしまった 自転車 知恵袋

相手が自転車で逃走してしまった場合、目撃者がいるかどうかが重要になります。

目撃者がいれば、証言してもらうことで、相手を特定しやすくなります。

また、自転車の種類特徴を覚えておくと、捜査に役立ちます。

知恵袋などで情報収集するのも良いでしょうが、あくまでも参考程度にし、最終的な判断は警察に任せることが大切です。

接触事故 相手が行ってしまった 加害者

相手が逃走してしまった場合でも、加害者であることに変わりはありません。

警察は、ナンバー目撃者の証言などを基に、相手を捜査します。

相手が特定された場合は、損害賠償請求することができます。

接触事故 相手が行ってしまった バイク

相手がバイクで逃走してしまった場合も、自転車の場合と同様に、目撃者バイクの特徴が捜査のヒントとなります。

ナンバーが分かれば、警察ですぐに相手を特定することができます。

接触事故 相手が行ってしまった 点数

相手が逃走してしまった場合、点数が加算されるかどうかは、状況によって異なります。

一般的には、人身事故の場合は点数が加算されますが、物損事故の場合は加算されないことが多いです。

ただし、逃走という行為自体が違反となるため、点数が加算される可能性もあります。

接触事故 相手が行ってしまった 自転車 歩行者

相手が自転車歩行者で逃走してしまった場合、目撃者防犯カメラの映像などが捜査のヒントとなります。

また、周辺の店舗などに防犯カメラが設置されていないか確認してみましょう。

接触事故 相手が行ってしまった 自転車と車

相手が自転車で、こちらがの場合は、車体が残っている可能性があります。

の場所や形状を記録しておくと、捜査に役立ちます。

また、ドライブレコーダーの映像があれば、事故状況を客観的に記録することができます。

接触事故 相手が行ってしまった 警察

警察は、逃走車両の捜査**に全力で取り組んでくれます。

しかし、必ずしも相手を特定できるとは限りません

このような場合は、弁護士に相談して、損害賠償請求などの手続きを進めることを検討しましょう。

まとめ

接触事故で相手が逃走してしまった場合、慌てずに以下の3つのステップを踏むことが大切です。

  1. 事故現場を確保し、周囲の安全を確保する
  2. 警察に通報する
  3. 証拠を集める

また、弁護士に相談することで、適切なアドバイスを受けることができます。

今回の記事が、接触事故で相手が逃走してしまった場合の参考になれば幸いです。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、