宅建士試験 申込み完全ガイド!5問免除や写真準備もバッチリ解説

 


宅建士試験の申込みは、試験合格への第一歩です。しかし、初めて申込む方にとっては、何を準備すればいいのか、どこで手続きすればいいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

この記事では、宅建士試験の申込みについて、5問免除写真準備など、知っておきたいポイントを網羅的に解説します。申込みを忘れた場合の対処法や、郵送インターネットでの申込み方法の違いなども詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までご確認ください。

1. 宅建士試験 5問免除とは?

宅建士試験には、以下の条件を満たす方が5問免除を受けることができます。

  • 宅地建物取引士法定講習を修了している方
  • 宅地建物取引士法人または公益社団法人宅地建物取引士協会の役員の方
  • 宅地建物取引士試験に合格したことがある方

5問免除を受けるためには、申込み時に所定の書類を提出する必要があります。詳細は、一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページでご確認ください。

2. 宅建申込み 5点免除に必要な書類

宅建申込み 5点免除に必要な書類は以下の通りです。

  • 受験申込書
  • 写真(縦3cm×横4cm)
  • 登録講習修了証書(5問免除の条件を満たす場合)
  • 宅地建物取引士試験合格証書(過去に合格したことがある場合)
  • 法人役員等であることを証明する書類(役員の方のみ)

写真は、正面上半身のものを使用し、無背景3ヶ月以内に撮影したものが必要です。裏面には氏名を朱書してください。

3. 宅建 申し込み忘れた場合の対処法

宅建 申し込み忘れた場合は、追申することができます。追申受付期間は、試験日の1週間前までです。

追申するには、一般財団法人 不動産適正取引推進機構電話またはFAXで連絡する必要があります。追申手数料1万円です。

4. 宅建士 申し込み 写真

宅建士 申し込みには、写真が必要です。写真は縦3cm×横4cmのものを使用し、無背景3ヶ月以内に撮影したものが必要です。裏面には氏名を朱書してください。

5. 宅建士 郵送申し込み

宅建士 申し込みは、郵送でも可能です。郵送申込みには、試験案内に同封されている受験申込書を使用します。受験申込書に必要事項を記入し、写真を貼り、受験手数料を同封して簡易書留指定の場所に送付してください。

郵送申込み締め切りは、試験日の1ヶ月前までです。

6. 宅建士 申し込み ネット

宅建士 申し込みは、インターネットでも可能です。インターネット申込みには、一般財団法人 不動産適正取引推進機構ホームページにある申込システムを使用します。申込システムで必要事項を入力し、写真をアップロードし、受験手数料クレジットカードで支払いすると、申込み完了となります。

インターネット申込み締め切りは、郵送申込みと同じく、試験日の1ヶ月前までです。

7. 宅建士 申込方法

宅建士 申し込みには、郵送インターネットの2つの方法があります。どちらの方法を選ぶかは、ご自身の都合に合わせてください。

郵送申込みは、申込書類手書きで記入する必要がありますが、インターネット申込みパソコンスマートフォン簡単に申込みすることができます。

時間がない方パソコンが苦手な方郵送申込みパソコンが得意な方簡単に申込みしたい方はインターネット申込みがおすすめです。

まとめ

宅建士試験の申込みは、試験日の1ヶ月前までです。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、