まぶたのしこり:癌?放置は危険? 徹底解説! 症状別原因と適切な対処法

 


まぶたのしこりは、誰にでもできるよくある症状です。しかし、放置すると悪性腫瘍のリスクもあり、早めの診断と治療が重要です。

この記事では、まぶたのしこりの原因と症状を詳しく解説し、適切な対処法をご紹介します。


まぶた しこり 痛くない

まぶたのしこりが痛くない場合、必ずしも悪性腫瘍とは限りません。以下のような良性の原因が考えられます。

  • ものもらい:まぶたの脂腺が細菌感染して起こる炎症です。
  • 麦粒腫:まぶたのマイボーム腺が詰まって起こる炎症です。
  • 霰粒腫:まぶたのマイボーム腺の出口が詰まってできる脂肪の塊です。
  • 脂肪腫:皮下にできる脂肪の塊で、悪性ではありません。
  • 線維腫:まぶたの真皮にできる良性の腫瘍です。

悪性リンパ腫 まぶた しこり 癌

しかし、まぶたのしこりが痛くない場合でも、悪性リンパ腫などの悪性腫瘍である可能性も0ではありません。

以下のような場合は、早めに眼科を受診する必要があります。

  • しこりが大きくなる
  • しこりが硬くなる
  • まぶたが赤く腫れる
  • まぶたが重い
  • 視力障害がある

目 まぶた しこり ものもらい

まぶたのしこりが赤く腫れて痛い場合は、ものもらいの可能性があります。ものもらいは、まぶたの脂腺が細菌感染して起こる炎症です。

ものもらいの治療は、抗菌軟膏目薬で殺菌を行います。また、患部を温めることで症状を緩和することができます。

まぶた しこり 脂肪

まぶたのしこりが柔らかく、動かせる場合は、脂肪腫の可能性があります。脂肪腫は、皮下にできる脂肪の塊で、悪性ではありません。

脂肪腫は、放置しても問題ありませんが、気になる場合は外科手術で切除することができます。

まぶた しこり 治し方

まぶたのしこりの原因によって、適切な治療法は異なります。

  • ものもらい:抗菌軟膏や目薬
  • 麦粒腫:抗菌軟膏や目薬、場合によっては切開
  • 霰粒腫:温湿布、マッサージ、場合によっては切開
  • 脂肪腫:放置、気になる場合は切開
  • 悪性腫瘍:手術、放射線治療、化学療法

いずれの場合も、自己判断で治療せず、必ず眼科を受診するようにしましょう。

まぶた しこり 放置

まぶたのしこりを放置すると、悪化したり、悪性腫瘍に進行する可能性があります。

特に、しこりが大きくなったり、硬くなったり、痛みが出たりする場合は、早めに眼科を受診するようにしましょう。

まぶた しこり 見えない

まぶたのしこりがまぶたの裏側にある場合は、自分で見ることができないことがあります。

このような場合は、眼科を受診して、医師に診てもらいましょう。

まぶた しこり 治らない

まぶたのしこりが治らない場合は、悪性腫瘍の可能性があります。

早めに眼科を受診して、医師に診断してもらいましょう。

このブログの人気の投稿

楽天カードオペレーターと話したい!無料、土日、24時間対応も可能!(オペレーターと話せない、土日、楽天カードのオペレーターと話したいのですが?、楽天カードオペレーターとチャット、

PayPayポイント運用で貯めたポイントを有効活用!引き出しタイミング、手数料、反映時間、再投資、現金化について徹底解説(ペイペイ、回数、変動時間、いつ引き出す、引き出し方、

慌てない!墨汁の落とし方:素材別&時間経過別完全ガイド!、プラスチック、